2019/08/20

02:23

正確な位置情報を3単語で表現し「住所をディスラプト」するwhat3words、本格的な日本展開を目指す | TechCrunch Japan

「日本の住所は長すぎる」。英国のスタートアップwhat3wordsのCEO、クリス・シェルドリック(Chris Sheldrick)氏はそう話す。「だからこそ、多くの自動車会社が僕たちに興味を持っている。カーナビに住所を手入力するにしても、音声入力するにしても、日本の住所の長さを考えると手間だし効率が悪い。その非効率を改善するソリューションを提供するのが僕たちwhat3wordsだ」(シェルドリック氏)。2013年に創業したwhat3wordsは、地球上を57兆個のマスに分割し3単語で表現する「what3words」というジオコーディングシステムを提供する。マスの大きさは3x3mとなって...

readers

2019/08/20

02:21

「LINE」の大型新機能「OpenChat」が提供開始! | Techable(テッカブル)

2011年にサービスを開始してから、日本人にとってなくてはならないコミュニケーションツールにまで成長した「LINE」。現在では月間8,100万人が利用しているという。「LINE」は、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションツールとして周知されているが、昨今「LINE」でコミュニケーションをとる人間関係の幅やシーンは多様化する傾向にある。この傾向を受け、この度、興味関心事やライフスタイルの共通点をベースにグループトークや情報交換を楽しめる大型新機能「OpenChat」の提供を開始した。「OpenChat」には、幅広いコミュニケーションシーンでも便利・快適に利用できる5つの特長を備え...

readers

2019/08/19

11:52

社員主導型採用システムのHERPがシリーズAで総額4.6億円を調達 | TechCrunch Japan

クラウド型採用管理システム「HERP ATS」を運営するHERPは8月19日、総額約4.6億円の資金調達を実施したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先はDCM Ventures、DNX Venturesと、メルカリCOOの小泉文明氏やエウレカ共同創業者の赤坂優氏、西川順氏ら複数の個人投資家。調達ラウンドはシリーズAに当たる。HERPは2017年3月創業。TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルにも出場した、HRテックのスタートアップだ。代表取締役CEOの庄田一郎氏は、リクルートで新卒エンジニア採用などを担当したあと、採用広報担当としてエウレカに入社。エウレカで...

readers

2019/08/16

19:17

Appleがベストアプリ2013を発表!「ショッピングの新しいかたち」に選ばれた6つのアプリを紹介 | Shopping Tribe

AppleはiTunes Storeで2013年ののベストアプリ「BEST OF 2013」を発表した。今年のベストiPhoneアプリには銀行やカードの明細を一元管理するサービス「Moneytree」、ベストiPhoneゲームにはレースゲーム「アスファルト8:Airborne」が選ばれているが、この記事では「ショッピングの新しいかたち」としてベストアプリに選ばれた6つのアプリをご紹介する。1つ目は無料で簡単にショップを作成できる「BASE」のアプリ。このアプリではBASEで作成された5万のショップで販売されている完全オリジナル商品から、スタッフが厳選した商品をチェックすることができる。商...

readers

2019/08/16

18:57

カジュアルギフトのギフティがマザーズ上場へ、企業評価は310億円規模に - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

eギフトサービスの「giftee」は8月16日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは4449。80万株を公募し、359万株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは65万8000株。主幹事は野村証券が務め、上場予定日は9月20日。価格の仮条件は8月30日に決定し、ブックビルディング期間は9月3日から9月9日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は9月10日。同社公開の有価証券届出書によれば、2018年12月期の連結売上高は約11億2100万円で経常利益は2億8300万円。現在進行中の第2四半期は売上が8億7400万円で経常利...

readers

2019/08/16

18:53

ギフトサービス開発のギフティ、J&Jギフトと共同で電子地域通貨システム「Welcome! STAMP」の提供を開始 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>ギフトサービス開発のギフティ、J&Jギフトと共同で電子地域通貨システム「Welcome! STAMP」の提供を開始newsデジタルギフトサービスを開発するギフティが、新たな領域を開拓し始めた。ギフティはJ&Jギフトと共同し、電子地域通貨システム「Welcome ! STAMP(ウェルカム スタンプ)」の提供を開始したのだ。J&Jギフトは、「JCBギフトカード」をはじめとし、ギフト発券会社からのギフトカードオペレーション業務受託やギフトカードシステム開発・運営による情報処理サービス、ハウス型プラスチックカード提供等を展開する企業。「JCBギフトカード」は紙のギフト券の中では最も流通...

readers

2019/08/16

15:28

ヘリのチャーターサービス「AIROS」のAirX、近鉄ベンチャーパートナーズなどから1.3億円の資金調達 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>ヘリのチャーターサービス「AIROS」のAirX、近鉄ベンチャーパートナーズなどから1.3億円の資金調達newsヘリのチャーターサービス「AIROS」などを運営するAirXは8月7日、近鉄ベンチャーパートナーズ、マネックスベンチャーズほかを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は1億3000万円。今回の資金調達により、関東から全国への運航エリアの拡大に加え、航空会社との連携による在庫拡充、エンジニアなどの人材採用を進める。近鉄ベンチャーパートナーズとは、事業連携による関西での運航エリアの拡大や、観光地等におけるヘリポート設置の検討を予定している。AirXはヘリの...

readers

2019/08/16

00:42

あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」に関するお詫びと報告 - 津田大介 - Medium

「あいちトリエンナーレ2019」の出品作の一つである「表現の不自由展・その後」について混乱を招いたことにつき、あいちトリエンナーレ2019の芸術監督として、責任を重く受け止めています。ご迷惑をおかけした関係各所にあらためてお詫び申し上げます。また、大村知事が設置することを発表した「あいちトリエンナーレ2019のあり方を検証する第三者委員会」における調査やヒアリングには積極的に協力し、今回の展示に至った経緯に問題・瑕疵がなかったか、厳しく検証していただきたいと考えています。その上で、現時点で僕が皆様にお話しできることをお話しします。■「表現の不自由展・その後」は、2015年の冬に行われた「...

2019/08/14

23:03

「週一出社+リモート」で優秀な人材を自社にーーマーケ特化のプロ人材紹介「CARRY ME」がパーソルHDなどから1.3億円調達 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>「週一出社+リモート」で優秀な人材を自社にーーマーケ特化のプロ人材紹介「CARRY ME」がパーソルHDなどから1.3億円調達newsマーケティング領域に特化した業務委託紹介サービスCARRY MEを運営するPiece to Peace は8月5日、パーソルホールディングスおよび名称非公開の2社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は金融機関からの融資と合わせ1億3000万円。パーソルホールディングスからの出資は傘下のファンド「PERSOL INNOVATION FUND」から実施される。同社の提供する「CARRY ME」は、マーケティング領域を中心に、正社員...

readers

2019/08/14

15:38

民泊市場に新星ユニコーン誕生ーーAirbnbには真似できない戦略「Sonder」とは何者か? - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ピックアップ記事:Sonder Raises $210M, Becomes Hospitality’s Latest Unicornニュースサマリ:7月11日、短期宿泊サービス「Sonder」がシリーズDで2.1億ドルの資金調達を発表。本ラウンドで企業価値が10億ドルを突破したことから、同額以上の未上場企業を指す「ユニコーン」入りを果たした。SonderはAirbnbに代表される既存民泊サービスとは違いハイエンドな物件を提供する。不動産オーナーから直接物件を借り、自社で管理をしつつリースする又貸しモデルを採用。直接物件管理及びリースすることから、ホテルで受けられるようなアメニティの提供ま...

readers

2019/08/14

12:23

タッチスクリーンをやめて機械的なノブとダイアルに戻す米海軍 | TechCrunch Japan

10人の水兵の命を奪うことになった海上での衝突事故を受けて、米海軍は一部の船で、不人気のタッチスクリーンによるインターフェースを廃止し、伝統的な機械式のコントロールを採用することにした。「そうできるからといって、そうすべきだとは限らない」と、米海軍の当局者は、廃止されつつある新技術について語っている。問題の衝突事故は、2017年の8月に、U.S.S. John S.McCainと石油タンカーとの間で発生した。舵を取っていた水兵が船のコントロールを失い、タンカーの進路を遮ってしまった。その結果発生した衝突によって10人が死亡し、58人以上が負傷した。米国家運輸安全委員会による調査結果は、最...