2018/11/16

19:49

「TRAVEL Now」光本氏、「ズボラ旅」有川氏に聞く新型旅行サービス誕生のトリガー | TechCrunch Japan

写真右からバンク代表取締役/CEO 光本勇介氏、HotSpring代表取締役 有川鴻哉氏、プレジデントオンライン編集部 岩本有平氏東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunch Tokyo 2018。2日目の11月16日には、今年注目の旅行分野サービスを提供するスタートアップ2社が登壇し、「2018年は新型旅行サービス元年だったのか、旅領域のキーパーソンに聞く」と題してパネルディスカッションを行った。登壇したのは「TRAVEL Now」を提供するバンク代表取締役/CEOの光本勇介氏と、「ズボラ旅 by こころから(以下、ズボラ旅)」を提供するHotspring代表取締役の有川鴻哉氏。モ...

2018/11/16

16:27

Javascript: Computed Property Names (ES6) – Frontend Weekly – Medium

Unlike python dictionary, javascript objects need not have quotes around properties.var eatables = {fruit: 'Apple', vegetable: 'Carrot'}var edibles = {'fruit': 'Apple', 'vegetable': 'Carrot'}// both eatables and edibles object return similar objectsWhat do you do when you want to have your proper...

2018/11/16

15:36

クリエイターの“お金に換えられない価値”を評価・支援する暗号通貨「CLAP」 | TechCrunch Japan

個人の価値をお金やモノなど別の価値に換える「評価経済」。これまでのYouTubeやInstagramといった、インフルエンサーが発信する“コンテンツ”が評価されるプラットフォームに加え、2017年は、自分の価値を模擬株式として発行し、ビットコインで取引ができる「VALU」が5月にスタート、ユーザーが提供する時間を10秒単位で取引する取引所「タイムバンク」も9月にアプリを公開するなど、評価自体を取引できるサービスのローンチが相次ぐ年だった。そうした中、新たに独自の暗号通貨を使ったサービスでクリエイターの価値を可視化して、支援しようと2017年8月に設立されたのがOnokuwa(オノクワ)だ...

readers

2018/11/16

10:48

巷で噂のAlchemist Acceleratorってなに? – Azu (Yu Azukizawa) – Medium

日本にスタートアップのエコシステムと学校を作りたい。経歴はこちら https://www.linkedin.com/in/yuazukizawaこんにちは、最近エンゲル係数が異常に高いあずです。早速ですが、僕の中期目標は日本で世界に通用する日本独自のStartup EcosystemやCultureを確立することです。そのためには僕のいる環境や業界、そして日々取り組んでいることを一人でも多くの方に知ってもらいたい。お伝えしなければならない。が、それに纏わる肝心な情報がほぼ出回ってない。。そうなんです。業界の特性上、外に情報が出ないようになっているんです。しかし今回から僕、あずが書ける範囲...

2018/11/16

04:05

インフルエンサーマーケティングのBitStar、ファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリをローンチ - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>インフルエンサーマーケティングのBitStar、ファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリをローンチnewsインフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開するBitStarは3日、クリエイターとコアなファンがつながるファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリを、iOSとAndroid向けに公開した。costar は、クリエイターとファン、ファン同士の双方向コミュニケーションが可能なファンコミュニティ醸成プラットフォーム。E-DGE に所属...

readers

2018/11/16

04:01

TechCrunch Tokyo History——来場者600人から始まった8年間の軌跡 | TechCrunch Japan

日本最大級のスタートアップの祭典である「TechCrunch Tokyo」。通算8回目となる今年は、11月15日(木)、16日(金)に東京・渋谷ヒカリエで開催される。チケット購入はこちらからいまでこそ入場者が2500人を超える大規模イベントとなったが、2011年に開催された最初のTechCrunch Tokyoは、入場者が600人、開催も1日のみの小規模なイベントだった。ここでは、これまでのTechCrunch Tokyoの歴史を振り返っておこう。TechCrunch Tokyo 2017Slack共同創業者のCal Henderson氏が登壇。Henderson氏はFlickrとSla...

readers

2018/11/15

17:44

“今ヒマな時間”ですぐ働けるワークシェアアプリ「タイミー」が5600万円調達 | TechCrunch Japan

ワークシェアサービス「タイミー」を提供するタイミーは8月10日、ジェネシア・ベンチャーズ、サイバーエージェント・ベンチャーズ、コロプラネクスト3号ファンド、F Ventures、複数の個人投資家らから総額5600万円を調達したと発表した。8月2日にリリースしたばかりのタイミーは、人手が足りない飲食店などのお店と、暇な時間を有効活用したい人たちをマッチングするサービスだ。個別のお店ごとの応募や採用面接は不要。アプリに空いた時間を入力するだけで、数多くの候補から「今ヒマな時間」に働けるお店を探すことができる。詳しい機能やUIについては、リリース時に掲載したこちらの記事も参考にしてほしい。20...

readers

2018/11/15

17:30

モバイルアプリにメッシュネットワーキング機能を持たせるSDKを提供するBridgefy | TechCrunch Japan

今日(米国時間9/18)のDisrupt SF Startup Battlefieldに登場したBridgefyをモバイルアプリのデベロッパーが利用すると、インターネットが使えないところでもデバイス同士がネットワークを作って互いに通信することができる。2012年のBattlefieldでローンチしたOpen Gardenや、その意外なヒット作となったオフラインメッセージングサービスFireChatなどは、そんなネットワークアプリケーションの例だ。Bridgefyは、それらと同じことをする。Bridgefyの協同ファウンダーでCEOのJorge Riosによると、ファウンダーたちはあるハッ...

2018/11/15

10:10

目が見える人も、見えない人も。新しい点字で「2つの世界」をつなぐ──高橋鴻介|WIRED.jp

点字の起源は、19世紀のフランス皇帝・ナポレオンが、光がない夜間でも音を出さずにコミュニケーションできるようにと考案した軍事用の暗号だったという。それをもとに、視覚障害者のルイ・ブライユが1825年に点字を完成させ、日本語版は1890年に出来上がった。そこから1世紀あまりも形を変えずに伝承されてきた点字をアップグレードした若者が、高橋鴻介である。彼が発明した「Braille Neue(ブレイルノイエ)」を使えば、視覚障害者は点字に触れることで意味を把握し、そのほかの人は印刷された文字を目で見て認識できる。いかに彼は、“世界”を一新するような取り組みに身を置くことにしたのか。──新しい点字...

readers

2018/11/15

08:46

起業家は経験を溜める器である – kuranuki – Medium

ソニックガーデンという会社を経営しています。「心はプログラマ、仕事は経営者」の精神で、プログラマという仕事を誇れるものにすることがミッション。 ブログ http://kuranuki.sonicgarden.jp こちらのMediumには、まだ考えている途中のフワフワしたことを書いてます。新規事業というのは誰もやったことのない事業だから、うまくいくための手順もノウハウもない。新しいプロダクトを作るにせよ、新しいマーケットを開拓するにせよ、0から1は、誰の真似もできない。0から1を作ることを進めていくには、一体どうすれば良いか、わからないことだらけだろう。そういうものだ。業界のことも、ユー...

readers

2018/11/15

07:40

Amazonの新本社はニューヨーク市とワシントンD.C隣接地区に決定.――東西海岸で3本社体制へ | TechCrunch Japan

何ヶ月も前に始まった検討からデータ収集、そして最終候補都市リスト、要望事項の発表と進んできたAmazonの第2本社建設プロジェクトだが、ついにその場所が発表された。新本社はHQ2と呼ばれていたが、重要なのはこの「2」という数字だった。Amazonは第2本社の建設予定地域として2か所を挙げた。ニューヨーク市クイーンズ区のロングアイランドシティーと首都ワシントンD.C.に隣接するバージニア州アーリントンだ。eコマースからクラウド事業まで含めAmazonのグローバル・オペレーションは2箇所の新本社とワシントン州シアトルの現在の本社を合わせ、3本社体制で運営されることになる。これと別にAmazo...