2020/01/23

16:45

韓国発のビデオ通話アプリ「Azar」が3万DLを突破、約11億円を調達し新興市場へのマーケティングを強化 – BRIDGE(ブリッジ)

Softbank Venturesは、ビデオ通話アプリ「Azar」を手がけるHyperconnect(하이퍼커넥트)に出資したことを17日に明らかにした。出資総額は、Softbank Ventures とAltos Venturesから100億ウォン(約10.6億円)。Hyperconnect は、世界中の人々を迅速かつ効果的に接続することを目指して、昨年3月に設立された映像コミュニケーションに特化したテック・スタートアップだ。現在サービス中の Azar は、同時接続中の全世界のユーザから会話相手を薦めてくれたり、地域・言語・性別などを設定すると、条件にあった相手をリアルタイムでマッチン...

readers

2020/01/23

11:48

スマートロックをサブスクで提供するビットキーが39億円超の資金調達、ID連携・認証などの基盤も整備 | TechCrunch Japan

通販サイトで注文した商品が、今日配送できると通知が来た。あなたは配送業者に、配達時間帯の一度きりのオートロック解除の許可を送り、自宅マンションの玄関ドア前まで届けてもらうよう指定する。今夜は楽しみにしていた人気アーティストのコンサートがあり、帰宅は遅くなる予定だからだ。終業時間になり、オフィスを出る。ライブ会場はオフィスから地下鉄で数駅。駅のゲートは最近、顔認証に対応したので、ゲートを通るだけで運賃が自動的に電子マネーで精算されるようになった。あなたは会場の最寄り駅で降り、コンビニエンスストアに立ち寄る。少し喉が渇いたので、商品の水を棚から取り、店を出た。万引きしたわけじゃない。ここでも...

readers

2020/01/22

09:37

Dappゲーム「くりぷ豚」開発の福岡グッドラックスリー、投資型クラウドファンディングで8,990万円を調達 – BRIDGE(ブリッジ)

Image credit: Good Luck 3 / Fundinno福岡を拠点とするグッドラックスリーは21日、イーサリアム上で取引できるDappゲーム「くりぷ豚(くりぷとん、英語名:Crypto-Oink)」やブロックチェーンを使ったコンテンツを開発プラットフォーム「RAKUN(ラクーン)」を開発している。同社は、19日から実施した FUNDINNO を使った投資型クラウドファンディングで上限応募額となる8,990万円を調達したことを明らかにした。当初目標額の2,000万円に対しクラウドファンディング開始から15分で応募額が6,000万円を突破、2日間で募集を終了した。グッドラック...

2020/01/22

09:36

ARシューティングバトル「ペチャバト」開発のGraffity、1億円を調達 – BRIDGE(ブリッジ)

Image Credit: GraffityARシューティングバトル「ペチャバト」を開発するGraffityは1月21日、ディープコアとEast Ventures、2名の個人投資家を引受先とした新株予約権付社債による1億円の資金調達を発表した。今回のラウンドはプレシリーズAで、Graffityはこれまでに約1億円の資金調達を実施しており、累計調達額は約2.1億円となる。参加した個人投資家は類地健太郎氏と他1名(氏名非公表)となっている。Graffityは2017年に創業したARバトルゲーム開発企業。ARシューティングバトル「ペチャバト」をリリースしている。同ゲームはリリース初週に1万ダウ...

readers

2020/01/21

17:27

最高65度にまで温まるインナーベスト「Inwarmin」はわずか0.5ミリ! | Techable(テッカブル)

寒さが厳しいときは、着込んで防寒対策をとるのが基本。しかし重ね着しても寒いときは寒いもの。そこで活躍するのがバッテリーで暖を取れるあったかウェアだ。このほどクラウドファンディングサイトMakuakeに登場した「Inwarmin」はワンプッシュで最高65度にまで温かくすることができる。Inwarminは特殊カーボンヒーターを背中上部や胴回りの計5カ所に搭載している。使うには、ベストから伸びるケーブルにモバイルバッテリーをつなぐだけ。左胸に付いているボタンを長押しするとオンになり、ヒーターが熱を持ち始める。温度はボタンをワンプッシュするごとに45度、55度、65度と上がっていく。温度に応じて...

readers

2020/01/20

05:22

2つのことを同時に学ばない - ところてん - Medium

こんにちは、ある人のところてんです。プロシンという情報処理学会の新年会学会にかれこれ15年くらい参加しているわけですが、本稿はそこで水島さんと話をした「2つのことを同時に学ばない」という考え方についてのまとめになります。「2つのことを同時に学ばない」というのは私が発した言葉ですが、この言葉には私の友人の影響があります。私の友人に「新しいプログラミング言語を覚える際には、とりあえずレイトレーシングを書いてみる」と言うやつがいます。彼にとってはレイトレーシングのコードは、資料を何も調べずとも書けるそこそこに複雑なコードという位置づけのようです。そのため、彼にとってはレイトレーシ...

readers

2019/09/16

13:45

友人の転職・副業意欲からスカウトできる「YOUTRUST」が資金調達、TLMと中川綾太郎氏が引受先に - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>友人の転職・副業意欲からスカウトできる「YOUTRUST」が資金調達、TLMと中川綾太郎氏が引受先にnews写真左より同社代表取締役の岩崎由夏氏と取締役の山田昌弘氏友人の副業や転職意欲が見えるスカウトサービス「YOUTRUST」は1月28日、TLMおよび個人投資家の中川綾太郎氏を引受先とした資金調達を実施したことを発表した。調達額は数千万円規模で株式比率や払込日は非公開。2018年4月に公開されたYOUTRUSTは、友人または友人の友人の転職や副業意欲が見えるスカウトサービス。同サービス内にはユーザーとリクルーターの2種類のアカウントがあり、ユーザーアカウントは4000人、リクル...

readers

2020/01/16

05:25

「次」を探す起業家向けシリコンバレーのPre-seedプログラムOn Deckでの8週間の経験 - Yusuke Tanaka - Medium

2015年冬にシリコンバレーに移住してから4年、会社を始めてから3年が過ぎました。紆余曲折あり、1年半続けていたプロダクト、カプセルホテルPod Roomを今年の頭に閉鎖することにし、次なる事業を探しが始まりました。そもそも僕が住んでいるサンフランシスコという街では、過去にスタートアップをやってうまく行かなかったり、前の会社を売却したがもう一社やりたいと思っている人、著名なスタートアップを渡り歩いてきたが今度は自分でやりたいと思っている人など、僕のように「次」を探している人が山程います。そんな「次」を探している人向けに最近シリコンバレーで注目を集めてきているOn DeckというPre-s...

2020/01/15

00:59

2020年にヒットサービスを生み出す3つの秘訣

世界的にヒットしているサービスやブランドにはどのような共通点があるのだろうか?スペック重視の時代は随分前に終わりを告げ、プロダクトのサービス化が進んでいる。そのような状況に加え、シェアリングエコノミーやD2Cなど、ユーザーを取り巻く環境は急激に変化している。世界に先駆けて、次のヒットを生み出すことにフォーカスを当てているシリコンバレーを始めとしたアメリカの企業は、2020年以降、どのような要素を含む商品やサービスがユーザーに喜ばれるかを日々研究している。我々btraxも、日本企業向けにグローバルサービスを作る上で、ユーザー中心の考えでサービス分析とアイディア出しを連日行っている。そんな中...

readers

2020/01/14

15:33

元SLUSH TOKYO運営チームが手がけるカンファレンス「BARKATION」、2020年の開催中止を発表——来年の再開に向け、コミュニティ醸成に注力 – BRIDGE(ブリッジ)

2019年10月8日、東京・原宿で開催された BARK Launch PartyImage credit: Bark既報の通り、「SLUSH TOKYO」の運営チームが中心となり、2020年2月19日〜20日にスタートアップカンファレンス「BARKATION」が開催される予定だったが、2020年については中止されることが明らかになった。主な理由としては、ボランティア養成などカンファレンス準備に十分な時間を費やすことができなかったためで、今年はBARKのコミュニティ醸成に注力するとしている。もともと、カンファレンスありきではなく、コミュニティ活動の一端としての BARKATION であるた...

readers

2020/01/14

11:27

短尺動画「TikTok」、デイリーアクティブユーザ4億人を突破 – BRIDGE(ブリッジ)

Bytedance(字節跳動)は1月5日にリリースした2019年版年次報告書で、短尺動画アプリ「TikTok(抖音)」のデイリーアクティブユーザ数(以下、DAU)が4億人を超えたと発表した。重視すべき理由:TikTokは現在、ライバル関係にある短尺動画プラットフォーム「Kuaishou(快手)」との熾烈な競争に直面している。Kuaishouは6月に「戦闘モード」に入り、1月末までにDAUを3億人に引き上げるという。調査会社Quest Mobileのレポートによると、TikTokとKuaishou両方を利用している2019年6月のユーザ数は前年比で2倍以上増加し、1億5,880万人となった...