2019/10/20

04:12

A Swipeable and Sortable List in React Native - Justin Rohweller - Medium

Edit: I recently published a barebones npm module that essentially does this tutorial and a bit more. Seehttps://github.com/JustinRohweller/react-native-sort-and-swipe-list. Don’t have much time to work on this, but viewing the example in there should help anyone who wants to make a sortable and ...

readers

2019/10/20

02:07

2019年のデロイトトーマツFast 50の1位はバンドルカード開発のカンム、売上高に基づく成長率ランキング | TechCrunch Japan

2019年のデロイトトーマツFast 50の1位はバンドルカード開発のカンム、売上高に基づく成長率ランキングデロイトトーマツグループは10月18日、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50」の授賞式を開催した。Fast 50は、日本国内のテクノロジー、メディア、通信の各業界の企業を対象にした収益(売上高)に基づく成長率のランキングで、今年で17回目となる。受賞企業は、ステージや規模、上場、非上場などさまざまで過去にFast 50を受賞した企業も対象となる。注意したいのは、あくまでも売上成長率であって売上額ではないため、会社の実際の収益規模と...

2019/10/19

21:54

Share state between screens with custom navigators in React Navigation

Share state between screens with custom navigators in React NavigationExpose your React Navigation navigators for simple state sharing between any child screens in React Native.I’ve been using React Navigation in my React Native projects lately and liking it a lot. It has all of the features I’ve...

readers

2019/10/19

16:29

なぜAirbnbは強く、Uberは弱いのか?ーー起業家が知っておくべき4つのネットワークエフェクト - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

ホーム>なぜAirbnbは強く、Uberは弱いのか?ーー起業家が知っておくべき4つのネットワークエフェクトcolumnpickupImage Credit:NFXピックアップ記事:Why Some Platforms Thrive and Others Don’t最近、SNSで「起業家が投資家へ事業戦略をピッチする際、答えるべき型がある」というやり取りをしばしば目にするようになりました。結論から言うと「ネットワークエフェクト」「規模のメリット」「ブランド」「高いスイッチコスト」の4つが答えになります。サービスが成長するために、何を武器に戦っていくかはこのどれかを説明すれば片付くというもの...

readers

2019/10/18

14:36

バトルゲームのフォートナイトにチャプター2が登場 | TechCrunch Japan

およそ2日間、オフラインで真っ暗になっていたEpic GamesのFortnite(フォートナイト)が、チャプター2の新しいマップとともに帰ってきた。新しいマップには13カ所のロケーションがあり、泳ぎや釣り、そして「Call of Duty: Black Ops 4」(CoD: BO4)の「Blackout」モードに登場するボートによく似たモーターボートなどが楽しめる水辺も登場した。プレイヤーは、浅瀬で水遊びするのではなく泳いだり、健康のために魚を食べたりすることもできる。新しいメカニズムもいくつか追加された。最も注目すべきは、やられてしまったチームメイトを安全な場所に運んで復活できるこ...

readers

2019/10/18

13:08

Slack、Dropboxなど成長するSaaS企業から学ぶ!SaaSの重要な戦略ツールであるプライシングモデル

Slack、Dropboxなど成長するSaaS企業から学ぶ!SaaSの重要な戦略ツールであるプライシングモデルサブスクリプション型サービスの利用する機会が、ここ数年で一気に増えてきた。私生活では、NetflixやAmazon Videoで映画を観て、Apple MusicやSpotifyで音楽を聴いて、Amazon Primeでお急ぎ便で日用品をする。ビジネスでは、AWS上でアプリ構築をして、Salesforceで顧客/セールス管理をし、Dropboxでファイルを共有する。先日のBig Thinkで、WIRED誌の創業エディターのKevin Kelly氏が「モノの所有の終わり-サブスクリ...

readers

2019/10/18

03:23

[jp] もはや、日本でタイムマシン経営を成立させるのは無理か | TechCrunch Japan

先日ジオメディアサミットに、急遽パネリストとして参加する機会があった。当日の詳細は、下記のTechWaveのレポートに掲載されていたUstream配信のアーカイブをご覧頂ければと思うが、そのパネルセッションで出たgumiの国光さんの発言で興味深かったのが、「もう日本でタイムマシン経営は無理」という発言だ。タイムマシン経営というのは、ソフトバンクの孫さんがネットバブルの頃に唱えていたキーワード。アメリカの最先端事例をコピーして日本にすぐに持ってくれば、アメリカと日本には数年の時差があるのでそれによってあたかもタイムマシンで未来からサービスを持ってきたかのごとく、サービスを成功させることがで...

readers

2019/10/18

03:19

株式のようにコミュニティの価値を売買できる「fever」が3月オープン、事前登録ユーザーは3万人超える | TechCrunch Japan

株式のようにコミュニティの価値を売買できる「fever」が3月オープン、事前登録ユーザーは3万人超える2017年7月にサービスを発表したメタップスの「タイムバンク」は、人の時間を売買するサービスとして話題を集めた。株式のように自分の価値を売買できる「VALU」もある。それらのサービスに対し、3月よりリリースを予定しているAsobicaの「fever(フィーバー)」は、複数人で構成された“コミュニティ”の価値を売買できるサービスだ。3名以上のメンバーが所属するコミュニティがfeverに“上場する”ことで、コミュニティの価値を表す「コミュニティコイン」を発行できる。コミュニティの活動に共感し...

2019/10/18

02:07

「人からのオススメ本」が探せるアプリ「ReadHub」、ios版先行リリース! | Techable(テッカブル)

本日10月17日、株式会社ReadHubは、業界初のソーシャルリーディングアプリ「ReadHub(リードハブ)」をios版で先行リリースした。本は年間8万点も出版されているが、消費者が本に出会う機会のほとんどは、過去に読んだ本の類似本のリコメンド、ベストセラーランキングや流行りの本の宣伝などに限られている。自ら書店へ行き、じっくり本を探すとなると時間に余裕も必要となり、忙しい現代人には難しいのが現状だろう。そこで同社は、「人」に本の情報を紐付け、ユーザー自身と価値観が近い人や専門家、著名人のおすすめ本の閲覧ができ、気になる本をアプリ上で保存、任意のタイミングで購入可能なソーシャルリーディ...

2019/10/18

00:06

“オンライン完結インターン”で企業の技術や文化を疑似体験、プロエンジニア養成所「TechTrain」が新機能 | TechCrunch Japan

“オンライン完結インターン”で企業の技術や文化を疑似体験、プロエンジニア養成所「TechTrain」が新機能U30の次世代エンジニアを対象としたプロエンジニア養成サービス「TechTrain」を展開するTechBowlは10月16日、企業の事業や技術、カルチャーを疑似体験できるオンライン完結型のインターン機能「MISSION」を公開した。MISSIONは企業とTechBowlが共同で開発したオリジナルのオンライン型インターンプログラムだ。企業の事業や技術、カルチャーを「好きな場所で、好きな時間に」体験することが可能。実際にインターンをクリアしたユーザーは企業担当者からフィードバックを受け...

readers

2019/10/17

18:47

リファラル採用を人事部任せではなく企業文化に、リフカムがスタートアップ特化の新サービス | TechCrunch Japan

拡大期のスタートアップにとって「自社にあった優秀な仲間を採用できるかどうか」はその後の成長スピードに大きな影響を与える重要なポイントだ。TechCrunch Japanでは日々国内スタートアップの資金調達ニュースを紹介しているけれど、起業家にその使徒を聞いても多くの場合「エンジニアを中心とした人材採用の促進」や「組織体制の強化」という答えが返ってくる(“プロダクトの拡充”なども、突き詰めていくとそのための人材採用だったりすることが多い)。近年採用のカタチが多様化し様々な概念も生まれている中で、社員の繋がりを生かした「リファラル採用」は多くのスタートアップが取り組む手法の1つではないだろう...

readers

2019/10/17

08:36

アルメニアとディアスポラ(民族離散)の効用 | TechCrunch Japan

世界は小さな国たちにとっては厳しい。技術が未来だということは、誰でも知っている。しかし、米国、中国、EU、そしてインドと競合していくときに、その未来の分け前をどのように確保すれば良いのだろうか?少ない人口、限られた資本、潜在的な頭脳流出という三重苦に直面する中で、成功した国際ビジネスの経験者たちが次々にスタートアップを設立したり投資を行うような、技術的富と技術教育の繁栄したエコシステムを構築するにはどうすればよいだろうか?私の祖国カナダのように裕福で成功した国でさえ、しばしばこれに苦労している。そこで、例えば想像して欲しいのがアルメニアだ(私はいまそこでこの原稿を書いている)、以前ソビエ...

readers